• サイトマップ
  • 採用情報
  • English

日本飛行機株式会社

  • 大
  • 標準
  • 文字サイズ


  • 航空宇宙機器事業部
  • 航空機整備事業部
  • 研究開発
  • 環境への取組み
  • 企業情報
  • 採用情報
  • お問い合せ

  • NIPPI History

What's New

磁気圏観測衛星「あけぼの」運用終了

磁気圏観測衛星「あけぼの」は、オーロラを発光する高エネルギー電子(オーロラ電子)の加速メカニズム
解明を主目的として、1989年(平成元年)2月22日にM-3SⅡロケット4号機によって打ち上げられた
宇宙科学研究所(宇宙研:当時)の科学衛星です。
 「あけぼの」には、当社製品の、Mマスト(5m)、Vマスト(3m)の2式が搭載されており、これらは宇宙研
のご指導のもと、当社の開発したコイラブルマストの記念すべき第1号機です。
打上げ後、「あけぼの」は、観測運用を26年間にわたり継続し、科学的に重要な成果をあげてきまし
たが観測機器の劣化が顕著になってきたため、2015年4月23日、衛星の停波作業が行われました。
コイラブルマストは、「あけぼの」の搭載実績をもとに、今日まで16式が、日本の科学衛星に採用されて
おり、その1号機が四半世紀を超えて役目を終えたことに、感慨もひとしおです。

詳しくはJAXA様のホームページをご覧ください。
磁気圏観測衛星「あけぼの」の運用終了について

浩三郎の科学衛星秘話 第26話 磁気圏観測衛星「あけぼの」その1
浩三郎の科学衛星秘話 第27話 磁気圏観測衛星「あけぼの」その2
「あけぼの」の花魁のかんざし 日本の宇宙開発の歴史