• サイトマップ
  • 採用情報
  • English

日本飛行機株式会社

  • 大
  • 標準
  • 文字サイズ


  • 横浜工場
  • 厚木工場
  • 研究開発
  • 環境への取組み
  • 企業情報
  • 採用情報
  • お問い合せ

横浜工場

  • 厚木工場
  • 航空機器構造製品
  • 航空機システム製品
  • 宇宙機器
  • 産業機器
  • 製造設備
  • 試験設備


航空機構造製品

国内唯一の航空機専業メーカーとして、航空機の国際分担生産を推進しています。

NIPPIは現在、複合材部品を軸に、フラップ、ランディングギアドア(脚扉)、フレーム(胴体)、インスパーリブ(主翼内構造部品)などの設計・製造を行い、ボーイングB747、B767、B777、エアバスA380、エンブラエル190などの民間航空機や、V2500エンジンなど数多くの国際分担生産の一翼を担っています。また、防衛省の哨戒機、戦闘機、練習機、輸送機、飛行艇、ヘリコプターなど、国産機のほぼ全機種で分担生産に参加しています。


複合材の開発・生産力を向上し、世界の航空機に高品質の機器を提供します。

航空機器技術のなかで、NIPPIが最も力を入れているのは複合材の設計・製造技術です。最新型旅客機ボーイング787は、主要構造の約50%に複合材が用いられています。今後、航空機の軽量化/省エネ化と安全性の追求のために、複合材の重要性はますます高まることでしょう。NIPPIは、こうした時代の流れに対応して、日夜研究開発に邁進し、新たな複合材試験・生産設備を導入し、また長い年月培ってきた匠の力をより一層磨くことで、世界のエアラインに、より高品質の航空機構造部品を提供するために、たゆまぬ努力を続けています。

  • Boeing747-400 747-8
  • Boeing777
  • Airbus A380
  • C-2
  • US-2
  • P-1